イギリス旅行 3

10月7日、ロンドンで迎える3日目の朝です。

バイキングの朝食を済ませてバスに乗り込み、今日はロンドン市内観光です!

とても良いお天気になりました。

絶好の市内観光日和です!!🌞

バスの窓から見るロンドンの素敵な街並みです✨

 

バスを降りて、ロンドン観光で外せない、ウェストミンスター寺院の前に来ました!

英国国王の戴冠式が執り行われるほか、ウイリアム王子とキャサリン妃のロイヤルウエディングが催された教会です✨

内部の壁と床には、歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されているそうです。

そして、お次は、これも絶対外せないバッキンガム宮殿の衛兵交代式!

今の期間は1日おき、そして時間も衛兵行進は11時15分スタートと決まっているため、その前に待機。

少し離れている所からですが、黒い帽子に赤いジャケット姿の凛々しい衛兵の行進を見ることができました!

また、バスに乗り大英博物館に向かいます。

大英博物館に着きました!

大英博物館は、世界最大の博物館のひとつで、世界中の美術品や書籍、考古学的遺物は標本、硬貨や工芸品など約800万点が収蔵されています。

常設展示されているだけでも約15万点だそうです。

ギリシャ神殿を思わせる正面入り口です✨

中に入れば、外観からは想像できないガラスの屋根の明るいグレート・コート✨

まずは、大英博物館1番の見どころ、ロゼッタストーン!!周りに人々が集まっています

ロゼッタストーンは、エジプトのロゼッタで1799年に発見された石版で、紀元前196年、プトレマイオス5世によってメンフィスで出された勅令が刻まれた石碑の一部だそうです。

エジプトの当時を知るだけでなく、古代エジプト語の神聖文字・ヒエログリフ解読と、長きに渡るイギリスとフランスの戦いの歴史も垣間見られる展示品ということです。

 

エジプトゾーンでまず目につくのが、ラムサス2世胸像!  知的で均整のとれたお顔です。

胸の穴は、ナポレオンが戦利品として持ち帰るために開けた穴だそうです。

それをイギリス軍がナポレオンから奪ったということです。

教科書で見たような??

現在イラク北部のアッシリアの守護獣神像。

冠を戴いた人面に、正面から見ると脚が2本、真横から見ると脚が4本と合計で5本の脚を持つ獣神です。

 

ミイラの展示がなかなか衝撃的でしたが…見応えのあるものでした。

古代エジプトでは、死後の世界があると信じられ、死者は副葬品とともに埋葬されていたようです。

身分の高い人、裕福な人々の死体は、ミイラにして、布で幾重にも巻いて棺に入れ、墓室に埋葬されました。

なかなか生々しいミイラも展示されていましたよ!

 

そろそろお腹も空き、疲れたので、カフェで休憩することにしました!☕️

混んでいましたが、テーブル席に着くことができました😌

まずは、ビールとレモネードで乾杯!!

ご馳走サラダと

スイートポテトフライ…サツマイモのフライ!♬

これが意外とビールと合いました!!✨

この後、いよいよ次男と合流することになっています!!

2月に日本を発ってから、会うのは8か月ぶりです。

楽しみです〜〜〜〜〜〜♬✨✨✨😍😍

 

つづく