お兄ちゃんと関西旅行 3

関西旅行2日目の夜…前から行きたかった嵐山MITATEでのディナーです✨

今夜のメニューのテーマは、

“春を夢見る嵐山”✨✨

先ずは、シェフ見舘孝司さんからの挨拶の一品ということで、清水焼きの瓢箪柄のプレートが置かれました。

お皿には6個の瓢箪が描かれ、(5個はオレンジ色)

私たちの『無病息災』を願って、お店からのメッセージが込められていました!

そして、四角く開いているところに、枡に入ったお料理が…

『升々のご健康とご繁盛を』というメッセージです!

 

そして枡の中の美山卵の殻の中には、フォアグラのプリンが‼️

ゴボウのムースと、フォアグラのムースが二層になっていて、まろやか〜〜!✨✨

お次は、三種のお造りを出汁しゃぶで頂だきます!

お造りの上に雪に見立てた柚子のフワフワムースがかけられ、上から温かい出汁をかけてくれました。

お造りそれぞれに合う味噌ダレも添えられてます♬

 

題して『雪解けの小川のせせらぎ』✨

 

 

そして、次に運ばれてきたのは、八寸!

可愛らしいハートの折り紙にメニューが書かれていました❤️

題して『春の訪れを心待ちにしている冬の雪山』

一品ずつ遊び心溢れている‼️と、驚いている間もなく、運ばれてきたのは、フォアグラのムースに筑前煮のゼリー寄せと、酒粕のエスプーマ、味噌のスフェール(太陽)

題して『白銀の世界に降り注ぐ真冬の太陽』

ロマンティックです✨✨

そして、次に、鰆の瞬間スモーク、蓮根と百合根のオランデーズスフレが運ばれてきました!

題して『月の光に煌めくダイヤモンドダスト』

 

太陽と月…ロマンティックな作品から一転‼️次に運ばれてきたのは、重たい石のプレートです。

プレートには様々な黒い石が置かれ、アーモンドの粉で作られた土からは春の芽が…

マイクロ春菊が植えられ、石の上には雪に見立てた美甚粉を纏わせた揚げ物がのせられているという懲りようです!✨

題して『冬の陽だまり〜春の芽生え〜』

そして、お待ちかねのメインディッシュは、シャトーブリアンの輝き‼️✨✨

4種の塩と静岡県産山葵で頂きます!

なんと美味しい‼️‼️😊😊さすがです‼️

食事の最後は、京都丹後産“夢ごこち”羽釜炊き御飯!

赤出汁、お漬け物です!

MITATEさんのために作ってもらった信楽焼が良い味を出していました!♬

そしてデザート‼️

大地に見えるのは、2種のジェノワーズガトーショコラとチョコクランブルの胡麻のパウダーです。緑の抹茶パウダーとの対比が力強いです!

題して『緑の芽吹きと大地の息吹』

中をすくうと、コーヒーのマスカルポーネムースが隠れていました!😊😊

デザートの最後には、可愛らしい和菓子が載せられたプレートが運ばれてきました。

題して『なごり雪〜雪の結晶とともに舞い踊る冬の思い出〜』♬

雪だるまの練り切りがとても可愛らしいです‼️✨✨

そして私は、信楽焼のカップに入ったまろやかなコーヒーを頂きました。

お兄ちゃんは、清水焼の碗で、抹茶を愉しんでました…😊

もう大満足…

遊び心に心踊らされながら、美味しいお料理を頂き、味わったことのない余韻を楽しみながら、嵐山を後にしました。😊